川島町の農業用水路の生き物調査と保全活動

 埼玉県川島町は、大昔から現在も伝統的な稲作地帯です。稲作用の田んぼの水は、農業用水として上流の都幾川や越辺川から取水され、網の目のように田んぼを潤しながら下流に向かって流れ、排水機場や樋管から入間川、荒川に放流されています。農業用水路には、昔から様々な生き物が住んでいましたが、現在は既に絶滅してしまったり、絶滅が危惧されている生き物や、生き物に悪い影響を与える外来種等多様な生態系が存在しています。そこで、絶滅が危惧されている魚類や二枚貝の調査を行い、地域の自然保護団体にも協力しています。地域住民の皆様におかれましては、希少野生生物の保護活動にご理解とご協力をお願いいたします。(平成26年12月27日 NPO法人川島ネイチャークラブ事務局)。
 平成21年9月21日 川島こどもエコクラブによる農業用水路の生き物調査を行いました。
 
 平成22年9月23日 川島こどもエコクラブによる農業用水路の生き物調査を行いました。
 
 平成23年9月23日 川島こどもエコクラブによる農業用水路の生き物調査を行いました。 
  
 平成24年10月7日 川島こどもエコクラブによる農業用水路の生き物調査を行いました。
   
 平成24年9月〜平成25年1月に渡って、イシガイ科二枚貝の保全作業を行いました。
 埼玉県川島町の農業用水路の改修工事に伴い、川島町及び工事施行者の協力を得ながら、希少野生生物であるイシガイ科二枚貝の保全作業を行いました。今後、水路改修後の環境変化における再生産の有無や生存数のモニタリングを行い、可能な限り順応的な管理を行っていく予定です。地域住民の皆様におかれましては、希少野生生物の保護活動にご理解とご協力をお願いいたします。

事例研究:「地元住民と行ったイシガイ科二枚貝類の農業水路からの救出と一時保管」。応用生態工学17(1),41-46,2014 三浦一輝・斉藤裕也・伊藤一雄・大森秋郎。

「埼玉県川島町の農業水路において採取された国内外来二枚貝カタハガイ Obovalis omiensis 」 川博紀要 15号 2015:21-24 三浦一輝(北海道大学院 環境科学院)。

備考:論文の別刷りを希望される場合は、以下のメールアドレスへご連絡をお願いいたします。kmiura8-wcml@ees.hokudai.ac.jp(携帯)
   
 ○平成25年8月1日(木)午前 長楽用水路の生き物調査を行いました。
彩の国川のまるごと再生プロジェクト(長楽用水路)の夏期イベントとして、東松山農林振興センター、県水産研究所、川島町、NPO法人川島ネイチャークラブ(川島こどもエコクラブ)が協力して、長楽用水路の日枝神社を拠点にして、地域の人たちと一緒に農業用水路の生き物調査を行いました。こども達がたも網で掬い上げた生物は、18種類でした。掬い上げた生物は、元に戻しました。

種類  ヤゴ  カエル  エビ  貝  魚   
 1 不明 トウキョウダルマガエル アメリカザリガニ  シジミ ヌマムツ   
 2 不明 ウシガエル スジエビ カワニナ  タイリクバラタナゴ   
 3     ヌカエビ マツカサガイ タモロコ  
 4     ミナミエビ ササノハガイ モツゴ  
 5         ウキゴリ  
 6         ヌマチチブ  
 合計  
総合計             18種類

  


自然環境保全へ  トップページへ

Copyright(c): NPO Kawajima Nature Club. All rights reserved.