KAWAJIMANC  「夏は緑の木陰、冬は防風の日溜り」で、低炭素社会へ。  
特定非営利活動法人 川島ネイチャークラブ

 トップページ法人概要リンク自然環境保全 | 自然環境学習 | 自然循環体験 | 自然環境情報 | 文化芸術スポーツ | 趣味のページ


趣味のページ

更新情報
2017/6/12 花弁の器(タイサンボクの花びら)


2017/1/31 心のこもったギフトハンカチのリユースで「カバーバンド」をつくりました。


2016/6/20 自宅の畑から 葉っぱの芽が出た「キュウリ」の初物 が採れました!
  


2016/6/8 苔玉の作り方・・・・講師:2016.6.8(水)臼井勝美氏 からすうり
【会場】
 埼玉県川島町八幡団地自治会・自主防災会(八幡集会所)主催:川島町中山地区区長会長 後藤 務氏。

【苔玉作りに使う材料】(臼井勝美氏資料)
 主役の植物、脇役の植物、ピートモス(園芸用土)、はい苔、ハサミ、土落としボール、ピートモスを入れるボール、木綿黒糸、受け皿、
 バケツ。

【苔玉の作り方】(臼井勝美氏資料)
①主役のビニールポットを取り外す。
②取りはずした主役の上部、肩の土を削り落す。
③脇役のビニールポットをはずす。
④取りはずした脇役の土・植物を見ながら、脇役になるように適当な大きさにまとめる。
⑤主役の苗に、脇役の苗をつけ合わせる。(バランスを考える)
⑥おおまかなバランスを見ながら主役と脇役にキッチンペーパーを巻く。
⑦主役と脇役のバランスを見ながら黒の木綿糸をぐるぐると巻きつけるように巻いていく。(特にバランスを考えながら巻く。)
⑧主役と脇役の基礎バランスが出来た所でピートモスを張り付けるようにして黒の木綿糸で下部より上部へと巻いていく。
⑨ピートモス巻きが上部まで終了したら、はい苔を貼り付けるように、また黒の木綿糸で下部より上部へと巻いていく。(下部側面の所をき
 れいに、底面は平らになるようにする。

【スナップ写真】
  

  

 



 トップページへ




Copyright(c):NPO Kawajima Nature Club. All rights reserved.