水質試験項目の解説

試験項目 試験方法 試験項目の内容について
pH

水素イオン濃度
JIS K0102-12.1 水溶液中の水素イオン濃度[H+] の逆数の対数をとったものをいう。水中で生ずるあらゆる化学変化及び生化学的変化の制約因子となっており、また、分析におけるいろいろな化学反応の重要な制約因子でもある。

DO

Dissolved Oxygen




 JIS K0803  水中に溶解している酸素(DO:Dissolved Oxygen)のことで、河川や海域での自浄作用や、魚類等の生息には不可欠なものである。水中における酸素の飽和量は、気圧、水温、塩分等に影響されるが、DOと水質の関係は、水が清澄であればあるほどその温度における飽和量に近い量が含まれる。また、水温の急激な上昇、藻類の繁殖の著しい場合等では、過飽和になることがある。また、河川や海域で、有機性腐敗物質や硫化物等の還元物質が異常に増加すると、これらによってDOが大量に消費される。DOが欠乏すると、嫌気性状態(還元性の状態)になり、メルカプタンや硫化水素等のガスが発生して、悪臭の原因となる。そのために、DOは河川、湖沼、海域で水の汚濁指標として用いられている。

BOD

Biochemical Oxygen Demand
JIS K0102-21 生物化学的酸素要求量(JISでは、生物化学的酸素消費量という)溶存酸素(DO)の存在する状態で、水中の微生物が増殖や呼吸作用によって消費する酸素をいい、通常20℃、5日間で消費されるDO(mg/L)で表す(DO:Dissolved Oxygen、水中に溶解している酸素のことで、河川や海域での自浄作用や、魚類等の水生生物の生息には不可欠なもの)。

COD(Mn)

Chemical Oxygen Demand
JIS  K0102-17 化学的酸素要求量(JISでは、化学的酸素消費量という)は、水質汚濁を示す代表的な指標で、BODとともに広く一般に用いられている。CODは、水質関係の各種法令で規制項目として採用されており、水質総量規制では指定項目とされている。試料に酸化剤(通常過マンガン酸カリウム)を加え、一定条件で反応させ、その時消費した酸化剤の量を酸素の量に換算して表すもの(略してCOD(Mn)法)。

濁度 上水試験方法
(2011年)U-3-3.4

上水試験方法では、「精製水1L中に標準カオリン(ケイ酸塩鉱物の一種)1mgを含むときの濁りに相当するものを1度」と規定。
フッ化イオン イオンクロマトグラフィー・アニオン分析法 イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件(イオンクロマトシステム)による。河川水中のフッ化イオンの存在は、主として地質による場合と工場排水の混入等に起因する場合がある。

塩化物イオン イオンクロマトグラフィー・アニオン分析法 イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件(イオンクロマトシステム)による。
塩化物イオンは、自然界に広く存在し、塩素の地殻中の平均濃度は、130mg/kgであり、塩化ナトリウムは、岩塩として天然に産出する。河川水中の塩化物イオンは、風送塩(海水のしぶきが舞い上がったもの)の落下、風送塩を含む雨水、人為汚染、温泉及び火山からの供給、土壌、岩石からの供給などから、一般には数mg/L〜十数mg/Lの値。

亜硝酸イオン及び硝酸イオン イオンクロマトグラフィー・アニオン分析法 イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件(イオンクロマトシステム)による。
亜硝酸イオン及び硝酸イオンの主な供給源は、有機体窒素で、土壌、水中の好気性細菌によって分解されたもの。亜硝酸イオンは、この分解過程の途中生成物であり、硝酸イオンはその最終生成物。亜硝酸態窒素(NO2-N)、硝酸態窒素(NO3−N)とともに水の汚染を判定する指標として、古くから採用されてきた。(硝酸性窒素:N/NO3)

硫酸イオン  イオンクロマトグラフィー・アニオン分析法 イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件(イオンクロマトシステム)による。
硫酸イオンは、水中に溶解している硫酸塩中の硫酸根を指し、硫酸塩とは、硫酸イオンと反応してできた塩類の総称。硫酸イオンは、自然界に広く分布しており、地殻中には、硫酸カルシウムや硫酸バリウム等の鉱石として含まれる。

 出典:河川水質試験方法(案)1997年度版


  トップページへ  自然環境学習へ

Copyright(c): NPO Kawajima Nature Club. All rights reserved.