KAWAJIMANC  「夏は緑の木陰、冬は防風の日溜り」で、低炭素社会へ。  
特定非営利活動法人 川島ネイチャークラブ


 トップページ
法人概要リンク自然環境保全 | 自然環境学習 |
自然循環体験 | 自然環境情報 | 文化芸術スポーツ | 趣味のページ


 自然環境調査保全

ビオトープの保全参加活動
荒川の川島町流域河川敷にある、三ツ又沼ビオトープの保全管理作業に参加しています。
○竹林管理として、ハチク林の隣接農地への拡大防止作業と、タケノコ狩りを毎年5月に実施しています。
○荒川上流河川事務所のハンノキプロジェクト(ミドリシジミの保全活動)に参加しています。


国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所の荒川太郎右衛門地区自然再生協議会参加活動

荒川太郎右衛門地区自然再生実施計画書
荒川太郎右衛門地区自然再生事業パンフレット
○荒川太郎右衛門橋に関する文献 (1)太郎右衛門橋の名の由来? (2)桶川市史第1巻通史編 第3節荒川の水運と瀬替え



川島ホタル再生プロジェクト活動

      2012/7/27日本ホタルの会名誉会長・群馬県立ぐんま昆虫の森園長 矢島 稔先生より                   2016/5/26 長楽用水路    

平成29年度
2017/6/21 20時、長楽用水路のモニタリング場所で、更にヘイケボタル二匹の飛翔(発光)を確認しました(不定期モニタリング確認数3匹)。

平成28年度
長楽用水路でのホタルの自然発生を目指して、年間を通して自然の水環境下で試験的なモニタリング枠(PE製防虫ネット、網目1mm、1.2m×3m)を水路左岸に固定し、8月に枠内にホタルの捕食生物であるカワニナ、タニシの放流を行い、その生息状態等について経日調査した。その結果、カワニナ、タニシの生息と成長が確認できた。また、指標生物のヌマエビ等も活発な生息が確認できた。29年4月24日には、初めてゲンジボタル36匹、ヘイケボタル約100匹の幼虫を放流した。
モニタリング枠付近の長楽用水路の水環境については、4月から29年3月まで間、水温、水深、PH(パックテスト)、濁度、天敵生物(ザリガニ等)等について調査した。その結果、水深については、8月の台風9号の大雨による増水(約0.8m)及び8月の渇水(干上り)以外は、安定した水環境であった(水深10~20cm、水温11℃~24℃、降雨時以外は殆ど透明)。しかし、渇水時(干上り)のモニタリング枠内にアカガエルの侵入を確認した(天敵?)。また、夏季には水路内で多くのザリガニ、大型のコイ等を確認した。更に、モニタリング枠内にもザリガニの侵入を確認した。


埼玉県民参加生き物モニタリング調査参加活動
2013/8/3 川島町でもシラコバトの雛を確認
2015/9/9 埼玉県民参加生き物モニタリング調査2014活動
2016/5/5 埼玉県民参加生き物モニタリング調査2015活動

川島町の農業用水路の生き物調査と保全活動
〇2015/7/21「埼玉県川島町の農業水路において採取された国内外来二枚貝カタハガイ Obovalis omiensis」 川博紀要 15号 2015:21-24 三浦一輝(北海道大学院 環境科学院)
〇2014/12/27埼玉県川島町における農業用水路の改修工事に伴い、川島町及び工事施行者の協力を得ながら、希少野生生物であるイシガイ科二枚貝の保全作業を行いました。事例研究「地元住民と行ったイシガイ科二枚貝類の農業水路からの救出と一時保管」。応用生態工学17(1),41-46,2014 三浦一輝・斉藤裕也・伊藤一雄・大森秋郎

備考:前記論文の別刷りを希望される場合は、以下のメールアドレスへご連絡をお願いいたします。kmiura8-wcml@ees.hokudai.ac.jp(携帯)

河川や農業用水路の水質調査活動

河川清掃参加活動
越辺川クリーンアップ活動




 トップページへ



Copyright(c): NPO Kawajima Nature Club. All rights reserved.