「大人とこどもの自然環境保全と環境学習活動10年」の実践

 

【活動期間】平成16年11月~平成26年12月

【活動を始めた経緯】

  荒川中流域の川島町は、伝統的な稲作地帯のため、豊かな自然環境が残っている。一方、行政の新しいまちづくり計画も着実に進展している。このような環境変化の中で、地域の自然環境保全や環境学習の必要性を強く感じ、平成16年NPO法人設立と共に、地域住民参加による自然環境分野での社会貢献活動団体として本格的な実践活動を開始しました。

 

【活動頻度】

 主な活動について、当法人の事業報告書(事業年度毎)から引用して以下に示しました。

事業年度

(平成)

活動回数

参加者数(人)

主な活動名

大人

こども

総数

平成16年度以降については、新規活動を優先して記載してあります。「丸数字」は、次頁の活動Noとリンク。

16

48

88

370

458

町立伊草小学校クラブ活動支援、川島町流域7河川の水質検査、三ツ又沼BT保全、荒川太郎右衛門地区自然再生協議会参加、第15回川島町健康福祉まつり出店参加、第2回味噌づくり、第1回廃油石鹸づくり(「ハイエコ石けん」)等活動開花。

17

44

147

353

500

町立中山小学校科学クラブ活動支援、荒川クリーンアップ作業参加、山岳河川海洋域・首都圏との交流促進、第27回川島農業商工祭出店参加、川島町行政との交流会開催等

18

50

193

503

696

第4回ホタル観賞放流会(平成の森公園)、川島町地域子ども教室(伊草っ子くらぶ)支援等。

19

35

293

84

377

地球温暖化防止推進、第1回越辺川クリーンアップ開催等。

20

45

176

160

336

菜の花プロジェクト開始、かわじまっ子自然体験塾開催等。

21

24

154

39

193

川島こどもエコクラブ開催、川島ネイチャークラブHP配信開始等。

22

36

130

2145

2275

地球温暖化防止推進(川島町町民生活課と連携)、川島こどもエコクラブ開催等。

23

23

243

58

301

ホタルの里づくり開始、川島こどもエコクラブ開催等。

24

51

218

46

264

ホタル研修会開催、川島こどもエコクラブ開催等。

25

71

333

65

398

県民参加生き物モニタリング調査参加、長楽用水路の生き物調査、川島町の水辺の貴重な生き物学習会開催、二枚貝の農業用水路からの救出と一時保管、川島こどもエコクラブ。

合計

427

1,975

3,823

5,798

 

 備考:三ツ又沼BTは、三ツ又沼ビオトープの略

  

【活動の目的及び活動の具体的内容と成果・地域との連携等】

  自然環境の普遍性と多様性を念頭において、人と自然が共生する地域社会及び循環型社会の活性化と発展に寄与することが目的。活動No欄の丸数字は、前項の活動頻度(主な活動名)の丸数字とリンク。

活動No  活動名  活動内容  連携先  成果
    町立伊草小学校、中山小学校支援活動。 平成16年~17年。総合学習として、川島町の自然環境やホタル学習会、ホタル観賞会開催。ホタルの里づくり活動は、平成23年から川島町と連携継続中 町立小学校、吉見町のホタルを愛する会。 地域の小学校との交流は、学校運営やこども達の行動等について理解が深まりました。
川島町流域7河川の水質調査活動。 公害防止法により蘇った川島町流域河川や支流の農業用水路の水質の実態調査と会員向の水質学習会(パックテスト)が目的。平成16から継続中。 ・(株)ナックテクノサービス

・(株)環境総合研究所

水質調査活動によって、流域河川や農業用水路等の水質実態を把握できました。農業用水路の水質は、下流部での悪化が顕著でありました。
三ツ又沼BT保全活動。 ハチク林拡大抑制作業として、保全区画(主にゾーン⑨-2)について、「ハチク伐採作業とタケノコ狩り」活動を平成16から継続中。 荒川上流河川事務所 三ツ又沼BT⑨-2ゾーンのハチク林拡大抑制作業により、稲作田んぼへ侵入阻止が図られています(株割手法新規導入)。伐採累積数:約3,600本、該当面積約200㎡。
川島町健康福祉まつり、川島農業商工祭参加活動。
健康福祉まつり、農業商工祭で出店。農業用水路に生息する淡水魚展示、「ハイエコ石けん」、花・野菜苗等を展示販売。健康福祉まつりは、平成16年から継続中。 川島町社会福祉協議会、川島町農政産業課、町内商店。 地域行政や各種団体との交流の場となっています。
⑤  川島町流域河川の清掃活動。

〇平成19年~23年までの5年間、越辺川堤防付近河川敷のクリーンアップを実施済(天神橋~道場橋の区間)。

〇行政主催の荒川クリーンアップへの参加継続中。

荒川上流河川事務所、(一社)関東地域づくり協会、伊草スポーツ少年団、地域住民等。

〇越辺川クリーンアップ:道場橋下の伊草スポーツ少年団グランドは、多くの参加協力により、大変きれいになった。この間の全体のごみ処理量は約20㎥、参加者は421名。堤防上の車止め設置は不法投棄に効果的と思われます。

〇川島町地域子ども教室(伊草っ子くらぶ)支援活動。

〇かわじまっ子自然体験塾活動。

〇平成18年~19年、川島町生涯学習課の新規事業の地域子ども教室のコーディネーターとして参加。伊草地区の「伊草っ子くらぶ」を担当した(12回開催/年)。

〇かわじまっ子自然体験塾開催(平成20年度10回開催/年)。

川島町生涯学習課、埼玉県社会福祉協議会、(独)福祉医療機構及び町内外の関係機関や専門家。

〇こども達、保護者の有機的な活動は出会いの場となりました。

〇かわじまっ子自然体験塾は、各分野の講師から、「水・土・山・海・食・生き物から地球環境」まで興味深く学習することができました。

川島こどもエコクラブ活動。 平成21年から、埼玉県の「地球にいいことグリーンチャレンジ事業」に参加。子ども達の環境意識醸成や環境保全活動体験等が目的。継続中。 埼玉県、川島町及び町民。川島町内外関係機関。 〇埼玉県の貴重生物(ヘイケボタル、ミドリシジミ、ヤリタナゴ)の学習会や保全保護活動〇農作業による自然循環学習体験活動〇視野を広げるために国内科学博物館等6機関の見学によって、環境意識の醸成を図っています。
⑧  ホタルの里づくり活動。 ホタル復活は川島町民の夢。現在はホタルの里づくり活動として、長楽用水路でのホタル再生活動を継続中。  川島町農政産業課、東松山農林振興センター、関係機関、地域住民との連携。 〇長楽用水路の水質調査〇試験用ホタル田んぼ整備〇ホタル研修会開催〇ヘイケボタル幼・成虫放流試験〇長楽用水路への成虫放流観賞会〇長楽用水路は埼玉県川のまるごと再生プロジェクトによる工事中(平成24~27年予定)。
⑨  県民参加生き物モニタリング調査活動。 平成25年から参加。川島町内の越辺川左岸堤防付近及び長楽用水路周辺について、生き物モニタリング調査継続中。 埼玉県みどり自然課、NPO法人自然観察指導員埼玉、地域住民。 〇上伊草地区で「シラコバト」の営巣~成鳥まで観察できました(川島地区初)。長楽用水路(正直地区)でも例年見ることができるが営巣は未確認。

〇川島町の水辺の貴重な生き物学習会開催

〇二枚貝類の農業用水路から救出と一時保管。

〇地域住民向けに平成21年から活動してきた川島こどもエコクラブ活動紹介及びヤリタナゴ、二枚貝等について学習した。

〇農業用水路の改修に際して二枚貝類の救出作業を行った。

〇(一社)関東地域づくり協会、ヤリタナゴ調査会。

〇筑波大学、ヤリタナゴ調査会、川島町。

〇町内農業用水路の生き物調査結果を紹介できた。特にヤリタナゴと二枚貝の関係を認識することができました。

〇「二枚貝類の農業用水路からの救出と一時保管」ついては、応用生態工学Vol.17に掲載されています(発表者:北海道大学大学院生)。

(注)活動Noの行には関連する他の活動も示してあります。以上  


自然環境学習へ
  トップページへ

Copyright(c): NPO Kawajima Nature Club. All rights reserved.