川島町の水辺の貴重な生き物学習会報告
~小川の未来を考える~

主催者  特定非営利活動法人 川島ネイチャークラブ 
事業名 川島周辺の水辺の貴重な生き物学習会  (開催ちらし
目的 川島町民向けに、自然保護や生物多様性の重要性を目的に開催。川島町流域や町内の灌漑用水路に生息してきた淡水魚の変遷、川島こどもエコクラブ活動における灌漑用水路の生きもの調査、ヤリタナゴや二枚貝の関係等について学習した。

場所 川島町コミュニティセンター2階大会議室
開催日 平成25年6月30日(日) 午後2時~5時。
参加者数 参加者総数66人(町内52人、町外14人)。(川島町内:教育長、教育総務課長、まち整備課長、町民生活課長、農政産業課長、中山小学校長、町議会議員、一般。川島町外:東松山農林振興センター、NTCコンサルタント会社、高校生、大学生、一般)。

内容 〇川島町の稲作産業を支えている灌漑用水路にスポットを当て、そこに棲む淡水魚や二枚貝について、川島ネイチャークラブ、川島こどもエコクラブ、大学関係者等が数年間に渡って調査した結果について可能な限り明らかにした。又、現在、絶滅危惧種になってしまった、ヤリタナゴや二枚貝等についても学習した。
〇発表テーマ及び講師:①「都幾川水系の水生生物たち(里の川の魚&虫)」 斉藤裕也氏(ヤリタナゴ調査会長) ②「川島町の水路に棲む二枚貝~魚と貝の不思議な関係~」 三浦一輝氏(筑波大学生命環境学群生物資源学類学生) ③「川島こどもエコクラブ活動、保護池活動の紹介」 伊藤一雄氏(城西大学付属川越高等学校教諭)

効果 各テーマ発表後の質疑応答は活発に行われた。終了後の参加者の感想は、大変面白く興味深い内容であったが、絶滅危惧問題を大変懸念していた。川島町の長楽用水路の上流河川である都幾川には、現在でも多様な水生生物が棲んでいることが分かった。今回の学習会によって、現在の川島町に生息する淡水魚等が確認されたが、代表的な、ヤリタナゴや二枚貝の保護活動は危急的な問題であることが認識された。

開場の様子
  

  

  


自然環境学習へ  トップページへ


copyright(c): NPO Kawajima Nature Club. all rights reserved