ホタルの里づくり活動(川島ホタル再生プロジェクト)

 ホタルの里づくり活動(川島ホタル再生プロジェクト)は、平成24年度から川島町との連携事業として始めた事業活動です。荒川の中流域である川島町は、昔から稲作地帯のため灌漑用水路が整備されてきました。川島町の農業用水路の歴史は古く、埼玉県史、川島町史等によると、応安元年(1368)の記録があります。昭和20年代では、夏になるとどこでも手にとるようにゲンジボタルやヘイケボタルがいっぱい飛んでいたものです。しかし、数十年程前に絶滅してしまいました。その原因は、河川や用水路の水環境の悪化が主原因であったと思われます。23年度は、ヘイケボタルの再生を目指して先ず冬期の農業用水路の水質調査から始めました。川島町の地形は、西北に高く南東に低い地形となっています。主な灌漑用水の取水口は、都幾川、越辺川等から取水していますが、下流の小見野、出丸地区で市野川、入間川、荒川等に排水されています。標高差(堤内の中山長楽樋管〜出丸白山太神社北)は凡そ8m(国土地理院)で緩やかで全体的に水循環は良く、ホタルが最後まで生き延びた場所が最上流側の長楽用水路であると言われています。

■平成23年度の活動
(1)水質調査を行いました。
日時 平成23年12月
目的 長楽用水路流域の水質調査

水質調査結果(試験方法)

 試験項目  試験方法  単位  測定者
 外観 目視    採水者 
 濁度 JIS K0101-9.4  度(カオリン)  (株)環境総合研究所 
 水素イオン濃度 JIS K0102-12.1  PH  同上 
 COD(Mn) JIS K0102-17  mg/L  同上
 BOD JIS K-012-21  mg/L  同上 
 CL イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件  ppm (株)ナックテクノサービス 
NO2 同上  ppm  同上 
NO3  同上  ppm  同上 
SO4 同上 ppm  同上 

(試験結果)

 試験日 採水場所  外観  濁度  PH  COD  BOD  CL  NO2  NO3  SO4 
 2011/12/2 川島町長楽樋管  透明          10.7  6.0  1.4  28.1 
 2011/12/2 同町長楽用水路六地蔵橋   透明         10.7  5.8  1.3  28.5 
 2011/12/2  同町六地蔵橋南小用水路  透明          11.3  6.1  1.4  29.0 
                     
 2011/12/12 川島町長楽樋管  透明   0.4 7.6  1.5  0.8         
 2011/12/12  同町小見野樋管 透明  0.7  7.8  1.8  0.8         
 2011/12/12 同町鳥羽井沼西入口  濁り  3.9  7.3  4.6  2.0         
 2011/12/12 同町鳥羽井沼中央入口  濁り  2.5  7.2  3.9  1.2         

(考察)

 長楽用水の最上流は、都幾川から取水する「長楽樋管」になります。最下流は、川島町鳥羽井沼から堤外の放水路に排出されています。冬期の試験結果では、無機イオンについては、最上流取水口の長楽樋管〜下流側の六地蔵橋(正直)では、顕著な差異がなく水質については特に問題ないと言えます。COD、BODについては、長楽樋管〜小見野門樋までは、殆んど同様の値を示しました。しかし、最下流口になると、外観が濁り、PHはやや酸性側になり、COD、BOD共に高い値を示し、下流に行くほど水質は悪化していました。


■平成24年度の活動

(1)ホタル田んぼの整備を行いました。

 平成24年4月20日(金)午前
長楽用水路上流近くの遊休田んぼの提供を受け、ヘイケボタル放流試験を目的として川島町農政産業課の協力により、「ホタル田んぼ」の掘削整備(掘削深度約500〜600mm、掘削幅約500〜1000mm)を行いました。



(2)ホタル田んぼの水質調査を行いました。

 日時 平成24年6月7日
目的 「ホタルの里づくり」を目的として、拠点附近の水質について調査を行いました。
測定者 (株)ナックテクノサービス及び(株)環境総合研究所
分析項目  長楽用水路本流(正直六地蔵橋)  長楽用水路支流(戸守ホタル池南側水路)   戸守ホタル田んぼ  東京都中野区水道水(参考)  分析者
 外観  殆んど透明  殆んど透明 混濁   目視
 PH(20℃) 8.2  8.1  7.8   (株)環境総合研究所
 BOD(mg/L) 0.5  1.0  10  同上
 COD(Mn)(mg/L)  2.8 3.1  21  同上 
 「濁度」  3度(カオリン) 2度(カオリン)  23度(カオリン)  - 同上 
 フッ化イオン(ppm) 0.09  0.10  0.18  0.09  (株)ナックテクノサービス 
 塩化物イオン(ppm)  8.89 9.03  6.87  13.76  同上 
 亜硝酸イオン(ppm) n.d.  トレース量検出  n.d.  n.d.  同上 
 硝酸イオン(ppm)  6.35(硝酸性窒素:1.44)   6.40(硝酸性窒素:1.45) n.d.(硝酸性窒素:0 )  6.08(硝酸性窒素:1.37 同上 
 硫酸イオン(ppm)  24.35 24.60  10.01  22.92  同上 
(参考値)
コンクリート井戸側水槽(エアー有り) エアー無しの藻が発生した水槽
パックテスト法COD(ppm) 13 20

*n.d:Non detect(不検出)

(水質試験項目について)

試験項目 試験方法 項目内容について
pH

水素イオン濃度
JIS K0102-12.1 水溶液中の水素イオン濃度[H+] の逆数の対数をとったものをいう。水中で生ずるあらゆる化学変化及び生化学的変化の制約因子となっており、また、分析におけるいろいろな化学反応の重要な制約因子でもある。

DO

Dissolved Oxygen



 JIS K0803  水中に溶解している酸素(DO:Dissolved Oxygen)のことで、河川や海域での自浄作用や、魚類等の生息には不可欠なものである。水中における酸素の飽和量は、気圧、水温、塩分等に影響されるが、DOと水質の関係は、水が清澄であればあるほどその温度における飽和量に近い量が含まれる。また、水温の急激な上昇、藻類の繁殖の著しい場合等では、過飽和になることがある。また、河川や海域で、有機性腐敗物質や硫化物等の還元物質が異常に増加すると、これらによってDOが大量に消費される。DOが欠乏すると、嫌気性状態(還元性の状態)になり、メルカプタンや硫化水素等のガスが発生して、悪臭の原因となる。そのために、DOは河川、湖沼、海域で水の汚濁指標として用いられている。
BOD

Biochemical Oxygen Demand
JIS K0102-21 生物化学的酸素要求量(JISでは、生物化学的酸素消費量という)溶存酸素(DO)の存在する状態で、水中の微生物が増殖や呼吸作用によって消費する酸素をいい、通常20℃、5日間で消費されるDO(mg/L)で表す(DO:Dissolved Oxygen、水中に溶解している酸素のことで、河川や海域での自浄作用や、魚類等の水生生物の生息には不可欠なもの)。
COD(Mn)

Chemical Oxygen Demand
JIS  K0102-17 化学的酸素要求量(JISでは、化学的酸素消費量という)は、水質汚濁を示す代表的な指標で、BODとともに広く一般に用いられている。CODは、水質関係の各種法令で規制項目として採用されており、水質総量規制では指定項目とされている。試料に酸化剤(通常過マンガン酸カリウム)を加え、一定条件で反応させ、その時消費した酸化剤の量を酸素の量に換算して表すもの(略してCOD(Mn)法)。
濁度 上水試験方法
(2011年)U-3-3.4
上水試験方法では、「精製水1L中に標準カオリン(ケイ酸塩鉱物の一種)1mgを含むときの濁りに相当するものを1度」と規定。
フッ化イオン イオンクロマトグラフィー・アニオン分析法 イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件(イオンクロマトシステム)による。河川水中のフッ化イオンの存在は、主として地質による場合と工場排水の混入等に起因する場合がある。
塩化物イオン イオンクロマトグラフィー・アニオン分析法 イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件(イオンクロマトシステム)による。
塩化物イオンは、自然界に広く存在し、塩素の地殻中の平均濃度は、130mg/kgであり、塩化ナトリウムは、岩塩として天然に産出する。河川水中の塩化物イオンは、風送塩(海水のしぶきが舞い上がったもの)の落下、風送塩を含む雨水、人為汚染、温泉及び火山からの供給、土壌、岩石からの供給などから、一般には数mg/L〜十数mg/Lの値。
 亜硝酸イオン及び硝酸イオン イオンクロマトグラフィー・アニオン分析法 イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件(イオンクロマトシステム)による。
亜硝酸イオン及び硝酸イオンの主な供給源は、有機体窒素で、土壌、水中の好気性細菌によって分解されたもの。亜硝酸イオンは、この分解過程の途中生成物であり、硝酸イオンはその最終生成物。亜硝酸態窒素(NO2-N)、硝酸態窒素(NO3−N)とともに水の汚染を判定する指標として、古くから採用されてきた。(硝酸性窒素:N/NO3)
硫酸イオン  イオンクロマトグラフィー・アニオン分析法 イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件(イオンクロマトシステム)による。
硫酸イオンは、水中に溶解している硫酸塩中の硫酸根を指し、硫酸塩とは、硫酸イオンと反応してできた塩類の総称。硫酸イオンは、自然界に広く分布しており、地殻中には、硫酸カルシウムや硫酸バリウム等の鉱石として含まれる。

 (参考文献:河川水質試験方法(案)1997年度版)

(3)ホタル研修会を開催しました。

日時 平成24年8月8日(水)
場所 川島町コミュニティセンター2階大会議室
目的 ホタルが生息できる水環境やホタルの生態系などについて、川島町との共催で研修会を開催いたしました。講師:日本ホタルの会名誉会長 矢島 稔先生 (ホタル研修会ちらし

  

(4)ホタル田んぼの再整備を行いました。

日時 平成24年9月2日(日)
場所 ホタル田んぼ
目的 24年度の夏は猛暑が続いたため、ホタル水路AB共に干上がってしまった。乾燥化対策として、ホタル水路Bのみ掘削深度を従来の500〜600mmから、800〜900mmに下げる再掘削作業を行った。今後は水位と水質についてモニタリングを継続予定。ホタル水路Aについては、取水口高を南水路に合わせた。(2012/9/2)

(2012/7/24農業用水路以外は猛暑により乾燥化した。)
  

(2012/9/2乾燥化防止のため、ホタル水路Bのみ再掘削)(最高深度約900mm)


(5)水質調査を行いました。

日時 平成25年3月11日(月)11:20
目的 24年9月に乾燥化対策として再掘削をしたホタル水路Bについて、代表的な項目について水質調査を行った。測定者 (株)環境総合研究所
分析項目  ホタル田んぼ南水路  ホタル水路B(9月2日に再掘削した水路)
外観(目視)  無色殆んど透明 茶褐色やや不透明 
 COD(Mn)(mg/L) 3.2  15 
溶存酸素量(mg/L)
11 10
生物試験(採水した水を容器に入れ、メダカを放流)
生息   生息
PH(パックテスト) 約7 
約7 


平成25年度以降の活動

 年度 目的  結果  活動写真   備考
 25(2013) ・ ホタル田んぼのモニタリング。
・ヘイケボタル幼虫放流(5月)
・ヘイケボタル成虫放流会(7月)
・ホタル田んぼからヘイケボタル飛翔確認(6月)
   
 26(2014) ・長楽用水路のモニタリング開始。
・地元自治会と用水路のクリーンアップ開催。
・ホタル観賞放流会開催(7月川島こどもエコクラブ主催)。
 
・長楽用水路でヘイケボタル観賞放流会参加者110名。    
 27(2015) ・長楽用水路のモニタリング。
・ヘイケボタル幼虫放流(4月)
・ホタル観賞放流会開催(6月川島こどもエコクラブ主催)。
・ホタル田んぼ内の掘削水路の埋め戻し。
・ヘイケボタル幼虫放流時の用水路の流速は約0.2m/sec。
・ヘイケボタル観賞放流会参加者118名。
・ホタル田んぼ内の掘削水路の埋め戻し終了(2016/3)。
   
 28(2016) ・長楽用水路のモニタリングに注力。

・天敵防止を目的に、水路内に防虫ネット枠を設置(PE製防虫ネット、網目1mm、1.2×3m)し、タニシ及びホタル幼虫放流。
・用水路の水環境(4月〜翌年3月):@水深は概ね10〜20cm(8月一時的干しあがり、台風9号上陸で80cm)。A川幅約3.5mB水温11〜24℃CPH7.5D濁度は大雨時以外は殆ど透明E川底:シルト、砂利、泥岩等F生物:ザリガニ、ヌマエビ、タニシ、カワニナ、アメンボ、コイ、アカガエル、ハグロトンボ、マガン等。淡水魚は殆ど見られなかった。
・モニタリング枠内のタニシ、カワニナの生存率は概ね20%。ザリガニ侵入が見られた。
   
 29(2017) ・長楽用水路のモニタリングに注力。

・ヘイケボタル及びゲンジボタル幼虫放流(4月)。
・防虫ネット撤去(7月)。
・再生試験条件の再検討。
・ヘイケボタル、ゲンジボタル幼虫放流予定。

・5月にモニタリング枠内の陸部にアカガエルの侵入確認(幼虫上陸時の天敵?)。
・6月8日夜モニタリング場所でヘイケボタル1匹、同21日に2匹計3匹の飛翔確認(不定期モニタリング)。
・防虫ネット撤去(7月)。
・再生試験条件について再検討中(成虫飛翔率の向上)
   



自然環境保全のページへ  トップページへ

Copyright(c): NPO Kawajima Nature Club. All rights reserved.